• 新着情報
  • よくあるご質問
  • 採用情報
  • 品質&衛生について

インプラント(人工歯根)は

私達は歳を重ねるにつれ、虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。奥歯を数本失うより、前歯を1本失うほうが心理的につらいかもしれません。
たった1本の歯を失うことで、歯の機能と審美性が崩れ、食事の時や外見上で不都合を感じるようになってしまいます。
歯は、その人のライフスタイルやライフクオリティーに大きく影響しているのです。

歯を失ってしまった時、できるだけ簡単で目立たない方法で失った部分を修復することを切望するでしょう。
歯を失うということは、歯冠だけでなく咬む力を支える歯根までもを失ってしまっているのです。
一度失った歯をもとに戻したいという願いを叶えられるのが、インプラント治療です。
「天然歯根の代用となる人工歯根」インプラント治療です。

1本 ¥294,000(上部の歯も含む)

インプラントの材質には純チタンが使用されています。

純チタンは生体組織に良く適合します。埋め込まれたインプラントは、平均6~12週間の治療期間を経て、骨にしっかりと結合し、上部に取り付ける修復歯のしっかりとした土台となります。
インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。

インプラント治療のバリエーション ~こんな方に~

歯を1本だけ失った場合

歯を1本だけ失った場合

“失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は。
最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。
1本のインプラントによってあたかも自分の天然歯のように自然に感じられます。
顎骨の“委縮”の心配もなく、本来の骨量を維持できます。
ブリッジを入れる時のように健康な隣りの歯を削る必要がありません。

数本の歯を失った場合

数本の歯を失った場合

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。
数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。

歯のない部分が広い場合

歯のない部分が広い場合

臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。
これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の“固定式”人工歯を入れることができます。

歯がまったくない場合

歯がまったくない場合

下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントがよく利用されます。
インプラントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定
することができます。

インプラント治療の流れ

診療とt治療計画

レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます
インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。

インプラント

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。インプラント手術について

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6~24週間待ちます。
この期間、インプラントの上には仮歯を入れておきます。
※骨の状態など、様々な条件により異なります。

歯の装着

人工の歯を取り付けます。当院は、2度目の手術がいらない手術1回式の「ストローマンインプラント」で行います。

 

インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。
正しい歯みがきと半年に一度は定期健診を受けましょう。

 

もっと詳しい地図

まつおか歯科医院

このページのトップへ